« 調査2 | トップページ | FPGA FM TUNER 2号機 »

2016/01/04

待つわ

第13話

NHK受信相談に事の顛末をまとめたレポートとCDを送ったのが2015年4月上旬のことだった。
それから1週間ほどで、NHK名古屋技術と名乗る人から電話が入った。
「とりあえず調べてみる。が少し時間をいただきたい」とのことだった。
調査結果を待つしかない状況となった。

その間でも何かできることはないか?で、いろいろやってた(^^;;

【アンテナについて】
マスプロアンテナFM2
Fm2

最初に買った日本アンテナAF-220は、コンパクトな設計で小さく取り回しが良いが。実は性能的にはかなりアやしいらしいということを、FPGA製作者様から教えて貰った。そこで、写真のマスプロアンテナ製FM2を買った。
まー数千円で買えるものだし、モバイル受信でいちいちアンテナを外すのも面倒くさい。FM2を自宅に設置し、AF−220をモバイル受信用にと。


日本アンテナAF−4
Af4

トンボアンテナは指向性はあるが受信利得(よくわかっていないけどダイポール型アンテナに対してどれだけ強く電波を受けられるかの指標?)はゼロらしい。やっぱ八木アンテナか?と思い、これも買ってみた。値段はFM2より安いくらい(‘o’;
以前南側のベランダからAF−220での受信を試みたが、さっぱりダメだった(-_-)。4素子のアンテナならば、あわよくば浜松や三重のNHKが受信できないかという、望みをかけて。
結果は惨敗だった(T-T)
このアンテナも異常にコンパクトであるが、やはり性能もAF−220と同じくアやしいらしい。


DXアンテナ FM−5N
Fm5n

ここまでくるともう舞い上がっちゃってるとしか言いようがないのだが(ー_ー;)、AF−4に失望して「えぇ〜いままょ〜」とフルサイズの5素子アンテナも買ってしまった。
日本アンテナAF−5、マスプロアンテナFM5でも良かったが、あえてDXアンテナにしてみた(^^; あまり意味はない(^^;;
さすがにフルサイズの5素子はデカイ(‘o’;、幅も長さも2mくらいある。
このアンテナをしても南側ベランダでは良い結果は得られなかった(T-T)

もう、アンテナ屋が開けるくらい(o⌒∇⌒o) いずれも数千円で買えてしまうので、つい(*^_^*)

電車通勤をしているのだが、車窓からついついFMアンテナを探してた。いまどきFMアンテナを屋根の上に上げている家なんてとっても珍しい。見つけるとおもわず食い入るように見ちゃってる。
そして、散歩でも、小旅行でも┐(´〜` ;)┌
本宮山にアンテナを向けているものも多数見つけた。あの人たちは満足しているのだろうか?

【試験放送の受信】
たまに日曜日の深夜(月曜日の早朝)に放送を休止して、試験電波を放送してる日がある。冒頭のNHK技術からの電話で、その試験放送の日にいろいろ調べてみると言っていたので、自分でも録音してみた。もちろん本宮山の中継波を。
試験では1kHzの信号を送っているようだ。それを解析するとこうなった。

Shiken

880Hzの時報に比べ、規則正しく高調波が出てる。だからどーした?と言われてもよくわからない(ー_ー;)
この時のTHD+Nは0.35%だった。


【その後の時報】
NHKへレポートを出してからも、自宅受信での時報を時々解析してた。
6月に入った頃、こっそりNHKが改善してくれているんじゃないかと、多少望みをかけて解析してみたところ

6gatu

なんとTHD+Nは0.95%、もうすぐ1.0%に届きそうな状況に愕然(` ^')凸

|

« 調査2 | トップページ | FPGA FM TUNER 2号機 »

FM受信」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40400/62990105

この記事へのトラックバック一覧です: 待つわ:

« 調査2 | トップページ | FPGA FM TUNER 2号機 »