« 疑問 | トップページ | プチ旅行 »

2015/02/15

悲しきα7

あれは2013年10月19日のことでした。
α7といえば、MINOLTAのあの使いやすかったフィルムカメラを思い出す世代にとって、神の冒涜に触れるのではないのか?と思える出来事でございました。

しかし、Eマウントフルサイズなんて夢のようなカメラ。
だって、あんなレンズやこんなレンズもアダプターを噛ませれば、そのままの画角で撮れちゃんうんですぜ、ダンナ(-_-)

名前は気に入らないけど、過去新発売のカメラやレンズが発売と同時に売れすぎて、予約しそこなった人は何ヶ月も待たされるなんていうことを経験して、素直に予約し、発売日に手に入れました。

そして、あんなレンズやこんなレンズを付けて撮影を楽しんで1年が経過した頃、突然タイプIIが発売されるとな(ー_ー;)
突然と思ったのは、私が情弱だったからなのか(・_・?

Eマウントのカメラは、レンズに手振れ補正機能が装備されてて、αマウントのカメラにはボディに手振れ補正が組み込まれてる。
それが、α7IIではボディ内手振れ補正が入っちゃうっちゅうじゃありませんか。

なんてこったいSONYさん。やってくれるじゃありませんか( *`ω´)(←Yosemiteにしたら、こんな顔文字が出てくるようになったけど、ちょと馴染めない)

我慢できずに手に入れてしまったΣ(´口`; )

最初は初代α7(デジタルの)をサブ機にしようかと思ったのだけど、プロでもあるまいし、カメラ2台も使わない。
おまけにαマウントの99も手に入れたばかりだった(T-T)
α7かα99かどちらかが無駄なのである。

という訳で、α7を売っぱらいました。

201502151

α7最後の猫写真。篠島で撮りました。
写真の通し番号を見ると、結局5千枚ほどしか撮らなかった。
悲しきα7、ゴメンよ〜(ノ_;)/~~

売ったお金でこんなものを手に入れてしまったとさ(-。-)y-¨¨

Watch

|

« 疑問 | トップページ | プチ旅行 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40400/61142792

この記事へのトラックバック一覧です: 悲しきα7:

« 疑問 | トップページ | プチ旅行 »