« 初めてのSONYは黄色かった | トップページ | 江ノ島 »

2011/06/11

初めてのフルサイズ

α900を手に入れたのは、2008年12月の事でした。
それまで、EOS5Dが、なんとも羨ましく悶々とした時間を過ごしてた(^^;

とっても満足してます。
α700のような、オートホワイトバランスが黄色に転ぶ事も少ないし、なにしろ50mmが50mmの画角で写るっちゅうのがいい!(^^)!
そりゃAPS-Cだって、最初っからそのサイズであったら何の問題も無いと思うのですが、フィルムで35mmってのを経て来たからには、早々感覚が変わるもんじゃない(^^;
14mmの超広角レンズが、APS-Cだと、21mm相当のフツーの画角になるなんてちょっと損した気分(^^;;
200mmが300mm相当になるっていう、メリットもあるのだろうけど、望遠はあんまり使わないし(′_`)

それまでデジタル一眼レフカメラを持っていても、気合いの入った撮影だと、α9を持ち出す事が多かったけど、α900導入後は、そういう事も無くなりました。

201106111

ただ、元々写真の腕がまるっきりな私が言うのもなんですが(^^;
ものすご〜く満足してるんですが、なかなか、これだ!って写真が撮れないんです。
撮った直後にモニターで確認して、良いと思ってもパソコンで見るとあれっ?って感じ(^^;;

フィルムだと撮ってから現像上がりを受け取るにはだいたい一週間(ポジ)かかってて、撮った時の場面をすっかり忘れてるってこともあるだろうし、
フィルム代が勿体ないから、1枚1枚で考えて撮るけど(あんまり考えて撮ってたと言う記憶は無いけど(^^;)、デジタルは後先考えずバシャバシャってのがいけないのかなぁ?

上にも書いたように腕が伴っていない私が講釈たれるのは100年早いかも(-。-)y-¨¨


人気ブログランキングへ

|

« 初めてのSONYは黄色かった | トップページ | 江ノ島 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40400/51916110

この記事へのトラックバック一覧です: 初めてのフルサイズ:

« 初めてのSONYは黄色かった | トップページ | 江ノ島 »